子どもの急な病気に備えて

発熱や嘔吐など、子どもの異変に気付いたら、かかりつけ医の診察を受けましょう
休診や診察時間外であっても、慌てずに小児救急相談♯8000または 0742-20-8119

けいれん・ふるえ

落ち着いて対応すること
口にモノを入れないこと

 一般的に「ひきつけ」と呼ばれる「けいれん」は、筋肉が発作的に収縮することで起こります。特に6ヵ月から6歳までの乳幼児では、発熱時に「けいれん」を起こす「熱性けいれん」が多くなります。これは通常5分以内に収まり、6歳を過ぎると発症もなくなります。「けいれん」の中には髄膜炎や頭部の外傷、てんかんが原因で起こることもあり、治療が必要な場合もあります。その他テレビアニメの光の刺激によって、集団で「けいれん」を起こしたケースもありました。

 お子さんが「けいれん」を発症した際、親が慌てないことが一番です。深呼吸をし落ち着いてから、衣服を緩め、やさしく寝かせてあげましょう。決してゆすったりしないこと。刺激は「けいれん」を長引かせることにもなります。そして時間を確認し、お子さんの様子を観察しましょう。ポイントは、目の動きや顔の色、表情、手足の動きなどです。もし吐いた場合には口の中の物をかき出し、顔を横に向け息が詰まらないようにすることが大切です。「けいれん」の際に自分で舌を噛むことはまずありません。割り箸やタオルを口の中に入れたり、指を差し込むことにより、ケガや窒息の危険性が高くなります。

参考 : こどもの救急ガイドブック(奈良県医療政策部地域医療連携課)