子どもの急な病気に備えて

発熱や嘔吐など、子どもの異変に気付いたら、かかりつけ医の診察を受けましょう
休診や診察時間外であっても、慌てずに小児救急相談♯8000または 0742-20-8119

せき(ゼーゼー・喘鳴)

激しいせき込みと共に
吐いたり顔色が悪い場合には直ちにかかりつけ医の受診を

「せき」の中には、風邪や気管支炎などの病気が原因となる場合と、異物などが入り込み起きる場合とがあります。もしお子さんがせき込んでいても元気であれば様子を見て、治まらない際には受診するとよいでしょう。 「せき」は、気管支にたまった痰や気管支内の不要物を排出させるために起こります。つまり「せき」は肺や気管支をきれいにするために起こるものであり、また肺や気管支に起こっている異常を知らせる役目もあります。

 しかし激しいせき込みと共に、顔色が悪い、グッタリしている、せき込んで何度も吐く、肩で息をして横になって眠れないなどの症状があった場合には、直ちに受診してください。

 また息をする際に、ゼーゼーとかヒューヒューという音(喘鳴)が聞こえる場合は、鼻から気管支への気道に分泌物や痰がたまり狭くなっています。まずはお子さんをしっかりと観察し、症状の進行具合をつかむことが大切です。

参考 : こどもの救急ガイドブック(奈良県医療政策部地域医療連携課)