子どもの急な病気に備えて

発熱や嘔吐など、子どもの異変に気付いたら、かかりつけ医の診察を受けましょう
休診や診察時間外であっても、慌てずに小児救急相談♯8000または 0742-20-8119

嘔吐(吐く)

日常の排便習慣や便の状態を
しっかりと観察しておくこと

 小児救急において、発熱に次いで多いのが「嘔吐」です。

原因は年齢によっても異なり、生理的な「嘔吐」や緊急処置が必要なものまでさまざまです。「嘔吐」が生じる疾患の種類や発生頻度は年齢によっても異なり、季節によっても異なるものです。乳幼児においては食べ過ぎでせき込むこともあり、簡単に吐いたりもします。またゲップに伴う生理的なものもよく起こります。

 お子さんが嘔吐した際には、状態をしっかりと観察することが大切です。食事の内容や時間、吐しゃ物や吐いた回数など、これらの情報は受診の際に役立ちます。その他、腹痛や頭痛、下痢、発熱、発疹などの症状があるかどうかよく観察してください。また日常の排便習慣や便・尿の状態の観察も大切です。食物アレルギーの有無や家族に似た症状がないか、学内や保育所(園)、幼稚園、近所で流行っている症状なども参考になります。もし「嘔吐」をしてグッタリしているのであれば、救急受診をして下さい。

参考 : こどもの救急ガイドブック(奈良県医療政策部地域医療連携課)